» 著作権とは|中小企業法務.net【所沢・新宿・国分寺】

著作権とは

  • HOME »
  • 著作権とは

著作権とは

著作権とは、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した者に認められる、それらの創作物の利用を支配することを目的とする権利です。

著作権の中には、「複製権」(著作物を複製する権利)、「上演権」及び「演奏権」(著作物を公に上演したり演奏したりする権利)、「譲渡権」(著作物を原作品か複製物の譲渡により、公衆に伝達する権利)、「貸与権」(著作物をその複製物の貸与により公衆に提供する権利)、翻訳権 (著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利)、など様々な支分権があり、各権利毎に譲渡が可能なため、それぞれが全く別の主体に属することも特徴といえます(さらに、著作者のみに帰属し、譲渡不可能な「著作者人格権」と呼ばれるものもあります)。

 

著作権の特徴

無方式主義

特許権や意匠権など、ほかの知的財産は「登録」という行為により権利が保護されますが、著作権は著作物の創作をもって発生し、登録の必要がないことが大き
な特徴です。

この登録の必要がないという点を著作権の「無方式主義」といいます。

保護期間

著作権は他の知的財産権と異なり、無方式で権利が認められることから、保護期間も特殊です。

著作権の保護期間は、原則として著作者の生存期間および死後50年までとされています。

 

著作権についてお悩みの方へ

著作権の保護をしたい、侵害さている著作権について対応したい、などの場合には、弁護士にご相談することをお勧め致します。

場合によっては知的財産法のほかにも、様々な法律構成を主張し得るケースもあるためです。

少しでも悩まれた場合には、まずはお問合せください。

当事務所の知的財産に関する事務内容等についてはこちらをご覧ください。

中小企業法務のお問い合わせなら TEL 0120-10-5050 受付時間:平日9時~18時まで

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • 中小企業法務.netへ
  • 新宿・所沢・国分寺で中小企業法務の相談予約をしたら

知的財産権のご案内

弁護士法人アルファ総合法律事務所は、所沢・新宿・国分寺にオフィスを展開しております。

 「知的財産権」とは、一般に、特許権、実用新案権、意匠権、商標権という四種類の工業所有権のほか、これに著作権や、いわゆるトレードシークレット、ノウハウなどを加えたものの総称とされています。

 上記以外にも、知的財産権と呼ばれるものの中には、種苗の品種を保護するための育成者権(種苗法)や、半導体回路配置を保護するための回路配置利用権(半導体回路配置保護法)など、様々な権利があります。

 登録された「権利」ではなくとも、不正競争防止法など他の方向からのアプローチによる解決が可能な場合がありますので、ご不明な点は当事務所まで御相談いただければと思います。

 

知的財産権対応エリア(目安)

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

 

» 著作権とはのページ
Top