» 企業紛争の解決手続|中小企業法務.net【所沢・新宿・国分寺】

企業紛争の解決手続

  • HOME »
  • 企業紛争の解決手続

解決手段① まずは当事者間の話し合い

企業間で紛争が発生した場合には、通常はまず当事者同士の話し合いで解決を図ることとなります。

当事者同士の話し合いで解決できるようであれば、その合意内容を正式に書面化して保存しておくことが重要となります。

当事者の話し合いで決着しない場合には、弁護士に事件を委任するか、訴訟などの裁判所の関与する法的手続き、裁判外の紛争解決手続き(ADR)の利用等を検討することとなります。

 

解決手段② 訴訟(裁判)手続きでの解決

上述のとおり、話し合いで紛争解決が図れない場合には、裁判・訴訟で解決を図っていく必要があります。

訴訟手続きは、判決に基づく強制執行が行える点が大きなメリットといえます。当事者の言い分が全くかみ合わず、話し合いで解決できない事件についても、判決について白黒つけることができますので、企業間の紛争解決においては相当数用いられている手続であるといえます。

他方で、訴訟には多くの時間と費用がかかってしまう場合があるため、ごく少数ではありますが、最近では裁判所以外の紛争解決機関を用いるケースもでてきています。

 

解決手段③ 裁判外紛争解決手続(ADR)の利用

裁判外紛争解決手続き(ADR)は、民事上の紛争について、当事者と利害関係のない公正中立な第三者が、専門家としての知見を活かしてトラブルの柔軟な解決を図るものです。

ADRは行政機関のほか民間事業者が行うものもあり、紛争の種類によって様々な裁判外紛争解決機関がございます。

事案によっては、これらを企業間の紛争解決に用いるのが有効である場合もあります。

但し、ADRには強制力がないため、相手が紛争解決手続きに参加しようとしない場合や、和解に消極的な場合には向いていない手続きであるともいえます。

 

企業間の紛争についてお悩みの方へ

相手方企業との示談交渉をしてもらいたい、裁判をおこしたい、という場合には、弁護士にご相談することをお勧め致します。

示談交渉や裁判が必ずしも適切でない場合もあり、そういった部分を相談の段階で軌道修正する必要がある場合があるためです。

少しでも悩まれた場合には、まずはお問合せください。

中小企業法務のお問い合わせなら TEL 0120-10-5050 受付時間:平日9時~18時まで

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • 中小企業法務.netへ
  • 新宿・所沢・国分寺で中小企業法務の相談予約をしたら

紛争対応のご案内

弁護士法人アルファ総合法律事務所は、所沢・新宿・国分寺にオフィスを展開しております。

 企業間取引に関して、または企業内での役員や労働者との関係で紛争が生じ、訴訟にまで発展してしまうことがあります。このような場合には、迅速かつ適切な対応が必要であり、そのためには法律の専門的知識が重要となります。

 これまで様々な訴訟を担当した経験から、原告・被告それぞれの立場で、適切な解決を図ります。

 企業紛争に関してお悩みの方は、まず当事務所にご相談ください。

 

企業紛争対応エリア(目安)

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

 

» 企業紛争の解決手続のページ
Top