» 強制執行等による権利実現|中小企業法務.net【所沢・新宿・国分寺】

強制執行等による権利実現

  • HOME »
  • 強制執行等による権利実現

強制執行とは

訴訟で判決をとっても、相手が義務を履行してこないケースがあります。
そういった場合に、相手に義務の履行を求めるための手続きが「強制執行」です。

強制執行には、執行をする権利の種類と、執行の対象とする財産の種類のよって、色々な方法がございます。

不動産執行においては、土地建物の強制競売や強制管理を行うこととなりますし、動産執行においては金銭、宝石その他動産の差押えを行うこととなります。
また、債権その他財産権の執行においては、預貯金や給与再建を差押えることとなり、物の引渡請求権の執行においては、建物の明渡しの強制執行を行うこととなります。

執行を行うためには、債務名義が必要となります。

債務名義とは

上述のとおり、強制執行を行うためには、債務名義の存在が必要不可欠です。

強制執行は、国家機関が債権者の権利を強制的に実現する制度ですので、債権者の権利が確定されたものである必要があります。

この「債権者の権利が確定されたもの」であることの証明が「債務名義」なのです。

債務名義となるものは、一般的に以下のものです。

①確定した判決
②仮執行宣言を付した判決
③仮執行宣言を付した支払督促
④執行証書
⑤確定した執行判決のある外国裁判所の判決
⑥確定した執行決定のある仲裁判断
⑦確定判決と同一の効力を有するもの(訴訟上の和解の和解調書、民事調整の調停調書など)

執行文付与⇒強制執行の手続き

強制執行は、原則として、執行文の付された債務名義の正本に基づいて行われることとなります。

執行文とは、強制執行ができるという証明書のようなものです。
債務名義は「権利確定」の証明であるのに対し、執行文は「債務名義による執行力」を証明するものであるといえます。

執行文は、債務名義に執行力が存在していることを公証するため、債務名義の末尾に書いてもらうこととなります。

裁判所の判決の場合は、判決が確定している必要があるので、上訴期間が経過して判決が確定したら、裁判所に対して執行分付与の申立を行って、判決文に執行文を付与してもらいます。

また、強制執行を開始するためには、原則として債務名義が相手に送達されていなくてはならないため、判決文の相手方への送達証明書も一緒に申請することとなります。

※仮執行宣言付支払督促、少額訴訟における確定判決など、執行文がなくても強制執行ができる債務名義もなかにはあります。

執行文付与などの準備が整ったら、強制執行の申立を行います。

執行文の付与や強制執行の申立に関して不明点がある場合には、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

 

民事保全とは

訴訟をしていたのでは時間がかかり、訴訟が終了するまでの間に権利の実現が困難になる場合などには、民事保全をすることができます。

民事保全は、その目的と方法によって

(1)仮差押え
(2)仮処分
   ①係争物に関する仮処分
   ②仮の地位を定める仮処分

に分かれます。

仮差押えとは

仮差押えは金銭債権の支払いを保全するための措置です。

訴訟をしている間に債務者に財産を処分されてしまうと、勝訴しても債権の回収が困難になります。

そこで、債権、不動産、動産などの債務者の財産を仮に差し押さえておくことができるのです。

係争物に関する仮処分とは

係争物に関する仮処分は、特定物の引渡し請求権などを保全するものです。

特定物についての執行を保全するため、特定物の占有を禁止したり、処分を禁止したりして、現状を維持させることとなります。

例えば、建物明渡請求の訴訟を行っている間に、その建物の占有者が変更されてしまうと、勝訴判決を得たとしても明渡執行を行えなくなってしまいます。

このような場合に、建物の占有移転の禁止の仮処分を申し立てることとなります。

仮の地位を定める仮処分とは

仮の地位を定める仮処分とは、争いのある権利関係について、債権者に生じる著しい損害や危険を避けるために、暫定的な法律上の地位を求めるものです。

例えば、交通事故の被害者が受傷したために働けず、生活が困窮する場合に金銭の仮払いを申し立てる場合や、隣地に建造物ができてしまうと生活を脅かされるときに、建築禁止の仮処分を申し立てる場合などがあります。

 

強制執行や保全について検討中の方へ

強制執行や保全についてご検討中の方は、当事務所の弁護士にご相談下さい。

債務名義から執行文、保全の種類などについて、弁護士が詳細にご説明させて頂きます。。

少しでも悩まれた場合には、まずはお問合せください。

中小企業法務のお問い合わせなら TEL 0120-10-5050 受付時間:平日9時~18時まで

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • 中小企業法務.netへ
  • 新宿・所沢・国分寺で中小企業法務の相談予約をしたら

紛争対応のご案内

弁護士法人アルファ総合法律事務所は、所沢・新宿・国分寺にオフィスを展開しております。

 企業間取引に関して、または企業内での役員や労働者との関係で紛争が生じ、訴訟にまで発展してしまうことがあります。このような場合には、迅速かつ適切な対応が必要であり、そのためには法律の専門的知識が重要となります。

 これまで様々な訴訟を担当した経験から、原告・被告それぞれの立場で、適切な解決を図ります。

 企業紛争に関してお悩みの方は、まず当事務所にご相談ください。

 

企業紛争対応エリア(目安)

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

 

» 強制執行等による権利実現のページ
Top