» SNS等での削除請求|中小企業法務.net【所沢・新宿・国分寺】

SNS等での削除請求

  • HOME »
  • SNS等での削除請求

削除請求と発信者の特定について

自社に不都合な記事がインターネット(facebook・twitterや掲示板等)上にあった場合には、当該SNS等の運営事業者に対して、削除請求をすることが考えられます。

また、あまりにも悪質な投稿である場合には、会社として、発信者を特定する必要もでてくるかもしれません。

そういった場合の手続きについて、以下に記述していきます。

 

削除請求について

facebookやtwitter・mixi等のSNS、ネット掲示板などで自社を批判する投稿があった場合、運営事業者に削除要請をすることが考えられます。

この場合、当該投稿が名誉棄損等にあたる違法な書き込みであることが明白であれば、事業者は削除請求に応じてくれることがあります。

但し、自社に対する批判投稿であっても、

①公共の利害に関する事項であり
②表現の目的が公益にかかるものであり
③表現内容が真実である

という3つの要件を満たす場合には、これは正当な言論行為とされるため、名誉棄損は成立せず、違法性は認められないことに注意が必要です。

名誉棄損が成立していると思われるのに、SNS等の運営事業者が削除請求に応じなかった場合、名誉棄損が裁判で立証されれば、SNS等の運営事業者には「違法情報の削除義務違反」を理由とした損害賠償責任が認められる可能性があります。

しかし、多くの場合、違法性の有無については、運営事業者にもわからないことが多いため、それを理由に削除請求の拒否がなされることが多々ありますので、そういった場合には、仮処分の申立や、訴訟提起によって削除を求めていくこととなります。

プロバイダ責任制限法による免責

上述のとおり、SNS等の運営事業者は、投稿の削除請求を受けても、その違法性について正確に判断できないことが多いと言えます。

その結果、削除しなければ、後に違法であることが判明した場合に削除請求をした人から責任追及される可能性がある一方で、削除すれば、後に適法であることが判明した場合に発信者から責任追及される可能性があり、板挟みの状態になってしまいます。

そこで、プロバイダ責任制限法により、損害賠償責任が免責される要件が定められています。

要件の詳細については少々複雑なため割愛いたしますが、プロバイダ等が免責を受けやすい形で削除請求を行うことで、速やかに投稿が削除される可能性が高くなります。

この点、プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会が削除請求の書式を公表しており、これを利用した削除請求は、プロバイダにとって免責の可否が判断しやすくなっているため、削除請求する側は、これを活用すれば、削除請求に応じてもらえる可能性が高まります。

 

発信者の特定について

掲示板やSNS、ウェブサイトにおいて発信された情報によって権利侵害を受けた者は、プロバイダ責任制限法4条に基づき、プロバイダ等に対して、発信者特定のための情報の開示を求めることができます。

この権利のことを、発信者情報開示請求権といいます。

これによって開示対象となる発信者情報は

①氏名・名称
②住所
③メールアドレス
④IPアドレス
⑤利用者識別番号
⑥SIMカード識別番号
⑦情報発信時刻

の7つです。

発信者情報開示請求の手続き

発信者情報開示請求権は、削除請求と同様、要件さえ満たせば裁判外で請求権を行使することができます。
(もっとも、通信の秘密の観点から、裁判外でプロバイダが開示請求に応じることは極めて稀であるといえます。)

発信者情報開示請求についても、削除請求と同様、プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会によって書式が公開されています。

この書式は、プロバイダ等が発信者情報開示請求権の要件を確認しやすいように作られており、プロバイダの中には、このフォーマットで開示請求を受けなければ開示してはならないと誤解しているところもあるため、開示請求に際しては是非とも当該書式を活用するべきです。

開示までは漕ぎ着けたとして、プロバイダが発信者情報のうち、①の氏名・名称と②の住所に関する情報を持っていれば、発信者を特定して損害賠償請求をすることが可能となります。

しかし、SNS等の運営業者はこれらを保有していない事が多いため、その場合には投稿に対しての④IPアドレスや⑦情報発信時刻等の開示を受けて発信者のアクセスプロバイダを特定し、ここに再度開示請求をしていくこととなります。

 

権利侵害についてお悩みの方へ

インターネット上などの投稿を削除してほしい、もしくは、発信者の情報を特定したい、という場合には、弁護士にご相談することをお勧め致します。

プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会の書式についても、弁護士が親身にアドバイスさせて頂きます。

少しでも悩まれた場合には、まずはお問合せください。

中小企業法務のお問い合わせなら TEL 0120-10-5050 受付時間:平日9時~18時まで

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • 中小企業法務.netへ
  • 新宿・所沢・国分寺で中小企業法務の相談予約をしたら

IT法務のご案内

弁護士法人アルファ総合法律事務所は、所沢・新宿・国分寺にオフィスを展開しております。

 インターネットが日々の生活や職場において欠かせない存在になった現代において、かつては想像もできなかったマーケティング分野が拓けてきています。

 同時に、そういった分野で、今まで考えられなかったような法律問題も生じてきています。

 IT法務・ビジネス法務に関してお悩みの方は、まず当事務所にご相談ください。

 

企業紛争対応エリア(目安)

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

 

» SNS等での削除請求のページ
Top