» 不動産トラブルの処理方法|中小企業法務.net【所沢・新宿・国分寺】

不動産トラブルの処理方法

  • HOME »
  • 不動産トラブルの処理方法

①まずは法律相談へ

不動産にかかわるトラブルは、多種多様にのぼります。トラブルになる前の契約段階などにおいても、事前に、契約内容に問題がないかどうかを確認しておくことが望ましいと思われます。また、トラブルの兆候が表れたら、なるべく早期に相談をすることをお勧め致します。

不動産売買取引に関する法律相談、賃貸人としての賃料回収に関する法律相談、賃貸人として明渡請求に関する法律相談、賃借人として(明渡請求に対する)立退料の請求に関する法律相談、賃借人として敷金(保証金等)の返還に関する法律相談、共有物である不動産の分割に関する法律相談などは、特に相談される方も多く、いろいろな解決事例もございますので、是非ご相談ください。

 

②交渉での解決

弁護士とご相談の結果、交渉を開始することになった場合には、当事務所が不動産トラブルの交渉窓口となります。

日常業務とは別に交渉を行うことは、なかなか大変なことであるため、煩雑な交渉業務をお引き受けいたします。交渉窓口を弁護士とすることで、交渉の内容の整理、方向性を理解できます。

交渉等がまとまらない場合には、やむを得ず、訴訟等の法的手続になってしまうこともありますが、交渉等によって早期に解決できることはメリットであり、特殊な事情がない限りは、まずは交渉によって解決を図ることが望ましいといえるでしょう

交渉についての詳細は、こちらの「交渉・和解」のページへ

 

③調停での解決

交渉がなかなかまとまらない場合、第三者として裁判所を交えて交渉をするのが当事者双方にとって有益な場合があります。裁判所等を交えて話し合いによる調整を行う場合、調停手続を利用することになります。当事務所では、調停手続の代理人対応もさせていただいております。

これによって、企業代表者や個人事業主の方は、自ら裁判所へ出頭をしなくてすみ、裁判所での手続内容について弁護士の説明を受けながら、手続を進めることが可能となります。

 

④訴訟での解決

交渉や調停によっても、交渉がまとまらない場合、訴訟等の法的手続をとることになります。

裁判では、当事者双方がそれぞれ法的な主張を行い、また事実関係も主張するので、時には、複雑な争いになることもあります。

また、仮にそうでない場合でも、専門的な判断が必要な場合もあり、特に不動産の適正価格や賃料の適正価額が問題となる場合、鑑定手続なども介在する案件もあります。

その他、証拠の選定などもございますので、訴訟手続はできる限り弁護士に依頼をすることをお勧めします。

訴訟・裁判手続きについての詳細は、こちらの「訴訟・裁判による解決」のページへ

 

⑤保全・執行の代理人対応

たとえば訴訟によって、不動産に関するトラブルが「表面上は」解決し、権利が法的に認められたとしても、最終的には実際に相手が立ち退き等の行動を起こさない限りは、「実際の解決」とはいえません。

そこで、認められた権利基づき、実際に解決をするための手続きが「保全・強制執行」です。

不動産に関する保全手続には、仮差押、占有移転禁止の仮処分、処分禁止の仮処分といったものがございます。

また、執行手続きには、建物明渡強制執行手続きや、不動産の差押えなどがございます。

これらの手続は、企業や個人事業主の方でも可能ですが、専門的な部分もございますので、可能であれば弁護士へ委任されることをお勧めいたします。

それぞれ、案件によって、必要な場合とそうでない場合がございますので、具体的に当該手続きを行うかどうかについては、案件ごとに弁護士と相談をしてお決めいただくことになります。

執行や保全についての詳細は、こちらの「強制執行等による権利実現」のページへ
建物明渡の強制執行については、サイドバーをご覧いただくか、こちらのページへアクセスしてください。

中小企業法務のお問い合わせなら TEL 0120-10-5050 受付時間:平日9時~18時まで

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • 中小企業法務.netへ
  • 新宿・所沢・国分寺で中小企業法務の相談予約をしたら

不動産問題のご案内

弁護士法人アルファ総合法律事務所は、所沢・新宿・国分寺にオフィスを展開しております。

 不動産取引には様々な場面がございますが、いずれの場合も、慎重に取引や対応をする必要があり、何よりも、自分なりに権利関係を理解しておくことが重要です。

 特に、契約書等には、専門的な用語が用いられていることも多く、わからないことがあった場合は、できる限り事前のご相談をお勧め致します。また、取引後であっても、契約内容をよく理解していないことが、その後の権利関係に影響をも及ぼすこともございます。

 土地建物関係で、何か気になることがありましたら、契約内容を今一度確認する意味でも、お気軽にご相談ください

 

不動産問題対応エリア(目安)

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

 

» 不動産トラブルの処理方法のページ
Top